ピラティスは体の奥のインナーマッスルを鍛えることによって、
骨盤や背骨のゆがみを矯正し、美しく正しい姿勢になれるエクササイズです。

正しい姿勢を維持することで無駄な贅肉が落ちるため、
ダイエット効果もあるとされて女性たちにとても人気があります。

また、妊娠中の女性や出産後の女性にも効果があるのも、
ピラティスの大きな特徴の一つでしょう。

妊娠中や出産後の女性が行うピラティスを
マタニティピラティスと呼ぶこともあります。

まず、妊娠中にマタニティピラティスを行うことによって、
どのような効果があるのでしょうか。

妊婦さんは妊娠によってお腹が突き出ているため、
お腹が重くなり、腹筋も薄く伸びてしまって、
どうしても猫背がちになります。

ですが、マタニティピラティスを行うと、
悪くなってしまった姿勢を正し、
筋肉のバランスを良くして保持することができます。

それに、ピラティスの独特の呼吸法を行うことで
肋骨間の痛みが和らぎ、血流も良くなるでしょう。

それから、分娩台に上がって出産するときにも、
ピラティスの呼吸法を行えば、
無駄な力が入らずスムーズに出産することができるといわれています。

次に、出産後にマタニティピラティスを行う場合の効果です。

出産後の身体は、胎盤や羊水、
赤ちゃんの体重を支えていた骨盤底筋群が伸びてしまい、
産道になった膣も相当ダメージを受けています。

マタニティピラティスには、
ダメージを受けた骨盤底筋群や膣を
回復させる効果があるとされているのです。

また、妊娠によって薄く伸びてしまった腹筋を
出産前の状態に回復させる効果もあるでしょう。

このようにさまざまなダメージを受けた筋肉を
回復させることによって、
体型を出産前の状態に戻す効果があるとされています。